SLIK ビデオ雲台

SLIKビデオ雲台にバランスウエイトを取り付け







ビデオ雲台はスムースにパン、チルトが行えるように
可動部はあまり締め付けないで使用します。
しかしビデオを取り付けた状態で、前後の重量バランスがとれていないと
重いほうに倒れてゆきます。

SLIKのこのビデオ雲台は、倒れませんが
倒れた状態から水平位置に戻ろうとします。
かなり固定をしないとゆっくり戻ってしまいます。

雲台の内部を見てみますと、
リターンスプリングが入っています。

このスプリングを取り外してみましたが、重いほうにすぐ傾いてしまいます、
撮影位置が水平位置に近い場合が多いので、
スプリングは,
やはり取り付けたままにしておきます。


ビデオ雲台が高価なものですと
ビデオの取り付け位置がスライド出来て、バランスが取れるのですが
安いビデオ雲台では、ほとんど出来ないものばかりですし。

スライドできるような雲台はある程度の大きさと重さのビデオを
取り付けることを対象にしてますので、ハンディビデオでは調整しきれないかもしれません。

取り合えず、私の買った雲台は調整できませんので
なんとか重量のバランスが取れるようにならないかと、
取り付け部にスライドできるようなアダプタを作製しようかと思いましたが
手間取りそうなので断念しました。

それならばと、レバー取り付けの固定ネジを変えて
レバーの反対側にウェイトを取り付けてみました。
次回の雲台購入は取り付け部をスライドできるものから選ぶつもりですが
今回はこの雲台でなんとかバランスが取れるようにと苦肉の策です。

左が元々のレバー固定ネジです。
これを右のもの(自作)に交換します。


それにウェイトを取り付けます。
取り付け位置が変えれるようにシャフトは長いネジにしています。

(御覧のとおりこれも自作)


元の状態はこれです。
強めに固定しないと
手を離すと水平に戻ってしまいます。


ウェイトを取り付けた状態では
水平に戻ろうとせず、そのままの位置でいてくれます。


ほとんどのビデオカメラはバッテリーのあるほうが重い場合が多いと思います。

あるもので自作しましたので見た目は悪いですが、
工作が好きですので紹介してみました。

他のビデオ雲台は良くは知りませんが、スプリングが入っているタイプのものも
少ないと思います。

友人がベルボンの同じくらいのサイズのビデオ雲台を使用してますが(そのままで使用)
緩めに固定しますと、気が付いたらお辞儀してるそうです。(^^;)


〜TOP
撮影の心構え
撮影の基礎
室内撮影
屋外撮影
夜景 花火の撮影
水族館での撮影
RAWで撮影
ビデオカメラで撮影
携帯で撮影
画像の整理と保存
学校行事の撮影
子供と遊ぶ
採集記
お出かけしました
MYカメラ
MYビデオカメラ
機材使用記
画像置き場
プロフィール
Link
SLIKビデオ雲台

〜TOP

Copyright (C)  All Rights Reserved